『地域創造学研究 50 特集 撤退的知性の探究-「…

『地域創造学研究 50 特集 撤退的知性の探究-「撤退学」の確立に向けて』を発行しました

撤退学研究ユニット

投稿者:堀田新五郎

『地域創造学研究 50 特集 撤退的知性の探究-「撤退学」の確立に向けて』

目次                                                   【巻頭言】                                                                 撤退的知性の探求-「撤退学」の確立に向けて  堀田新五郎
【マニフェスト】                                                    撤退学宣言Ⅰ(問題編)-ホモ・サピエンスよ、その名に値するまであと一歩だ  堀田新五郎
【論 文】                                                                                      撤退する都市の創造性に関する一考察-創造都市論の批判的検討から-  松岡慧祐                                          【研究ノート】                                                                                      序:何故、今、働き方を問うのか?  玉城毅                                    働き方の変遷を辿る当事者研究ノートと、SeeingとDoingのメタ思考 田幡祐斤                        複業活動を通じた「働く」ことの捉え直し  佐藤隆                                           単所属から無所属、そして多所属へ 玉城麦野                                                     越境経験を通じた自己認識の再定義 松井健太郎                                            日本的な自律分散型組織の可能性と懸念に関する考察 山田裕嗣                                     ポスト資本主義社会に向けた実践と考察 武井浩三                                                                  あとがき:「全体的個人」は、環境を内包して止揚し、未来の生き方を創造する 田原真人