「置き菓子」設置プロジェクト

「置き菓子」設置プロジェクト

Update:
活動の名称・テーマ
「置き菓子」設置プロジェクト
研究代表者
村瀬博昭(奈良県立大学 准教授)
メンバー
寺田紫衣真、畠山日和、古川晴美、松村紗萌、山原万季
設置期間
2019年6月〜

活動の概要

ゼミでは大学の魅力を向上させることを目的として、現在の大学の課題を洗い出しました。その中で「生協の売店の閉まる時間が早く、放課後以降に口にできるものが購入できない」という課題に焦点を当て、生協の売店が閉まった後でも大学利用者が手軽にお菓子を購入出来るようにする「置き菓子」を設置するプロジェクト活動を行いました。事務局や大学生協のご理解とご協力のおかげで食堂の開放時間が伸び、それによって多くの学生に利用してもらうことが出来ました。このプロジェクトを通して、0から1を創り出す事の大変さ、問題解決の手法、マーケッターの視点を学ぶことが出来ました。今後とも大学の魅力を向上するべく、大学の様々な課題と向き合っていきたいと思います。